淡月シリーズ 桜月 ブレスレット

ローズクォーツとムーンストーンの3連ブレスレット

夜桜を透かして浮かぶ春の月のブレスレット

桜餅のような淡く柔らかなピンクのローズクォーツと、ほんのりミルキーなムーンストーンに、小さな淡水パールを連ねて、繊細で華奢な印象の3連ブレスレットに仕立てました。

3連というと、ちょっとボリュームがあり過ぎかな、と思われるかもしれませんが、小さな天然石と華奢なチェーンを使用しているので、すっと肌に馴染み、目立ちすぎず控えめ過ぎず、程よい存在感と華やかさがあります。

可愛いピンクのローズクォーツと淡水パールのスイートなカラーに、シルクのようなシラーを見せるムーンストーンの組み合わせは、とってもフェミニンで上品な印象です。
手を動かすたびに、優しく輝くローズクォーツとムーンストーンに淡水パールが寄り添ったり解けたり、女性の繊細さを際立たせてくれるブレスレットです。

淡く霞む朧月の別名、淡月。
夜桜の舞い散る向こうに見える、ほんのり金色の光を放つ春の月をイメージしたブレスレットは、忙しい日常の中で、目に入るたびにふっと気持ちを和らげてくれるのではないでしょうか。

ローズクォーツとムーンストーンのブレスレット ローズクォーツとピンクパールのブレスレット ローズクォーツとムーンストーンのフェミニンなブレスレット

【ローズクォーツ】

ロマンティックで甘やかな印象のローズクォーツは、優しいピンク色をした水晶のことです。
古代エジプトでは美しさの秘薬として、古代ローマでは制約のある愛を一途に貫いた人にこの石を捧げたと伝えられています。

ローズクォーツはギリシャ神話に登場する、愛と美の女神アフロディーテの石だといわれます。
アフロディーテが誕生した際、そのあまりの美しさに、神々は薔薇の花を創造し彼女の誕生を祝いました。
そんな美しい女神の吐息に、透明な水晶が色づき、甘やかなピンク色に染まったローズクォーツが生まれたといわれています。

愛と美の女神の吐息が閉じこめられたローズクォーツ。
恋のお守りとして有名になったのは、こんな伝説が秘められているからかもしれませんね。

ローズクォーツが示す愛は恋愛だけではありません。
もっと深く大きな愛情で持つ人を包み込み、その人が自分自身を愛し、本来持っている魅力を輝かせることができるように、心の傷を癒すとされています。

ローズクォーツは、12星座のひとつ、乙女座の守護石としても知られています。

サイズと素材

【 サイズ 】 約 18cm(内径:約 16.5cm)
【 素 材 】 ローズクォーツ ムーンストーン 淡水パール(ピンク)
【 パーツ 】 14KGF
淡月シリーズ 桜月 ブレスレット
品番 bb-0033

ギフトラッピングのご案内
新作や季節のおすすめジュエリー、天然石のコラムを掲載中です